(´-`).。oO(擬態OLの日常)

抑うつを会社にほんのり隠して働くOLさんの日記

いや、だからね…(以下略)

めんどくさいことが多発しているときには面倒事がかさなるもんだ。という話。

この前、昼休みに社長と出くわし世間話しました。

そーだよね、後輩辞めちゃうし、一人バリバリ働いてた女性社員を応援として出さなきゃいけなくなって人足りないしで社長も大変だよねぇ。思いながら話を聞いていると

 

「同じ仕事ばかりでもあれでしょ?」

「もう行ってから長いよね?」

 

と、「ボチボチ動かそうかな」フラグかなこれという発言をちょいちょい挟んでくるではありませんか。おい!おっさん!!

元々の異動目的が能力開発なら「ちょっと長い」かもしれないが、そもそも私が行ったのは「療養」で「最速でも3年はかかる」と言っていたのを忘れているのか、療養を横に置いておいて置きたくなるレベルで切羽詰まってるのか、どっちだろうか。

こういうことがあったときに非常に困るのが「今あなたの目の前にいる『ふつう』のオペきちは、オペきちの涙ぐましい自己管理と通院の積み重ねで、どうにかこうにか維持してるもの」と理解していただくこと。

見た目ふつうかもしれんがな!!この「ふつう」を維持するため、通院はもちろんまず薬を飲まなくてはいけない。そしてカウンセリングで生活指導をいれてもらわないと生きていけない。

通院して落ち着いていても、飲んで愚痴ってスッキリするような些細なことが「この世の終わりかな?」レベルのストレスで脳みそが感じちゃうんだぞ!もう毎日パニック!電池切れしそうになるから、会社にばれないと思われる範囲で定期的にトイレに逃げ込んで落ち着かせる時間とか要るから!!と、いくら力説しても解ってもらえないのは解っていた。

そーいえば、前にもにたようなことがあり、説明して労力を浪費し寝込む羽目になったな。また寝込むのかなぁ。。(  ̄- ̄)

 

もう難しいこと考えず、どストレートに表現すると「いや実はまだお医者様から…」という回答になるのですが、悲しいかな「ぱっと見普通なのに言い訳しやがって」と思われる可能性が大きい。

とりあえずお茶を濁す回答として「いやいや、私より前に派遣されてる○○さんの方が長いですけど」と回答しておいた。○○さんのとばっちりで、かなりのストレス負荷がかかったからこれくらいOKでしょ。本人いないし。

と、考えてたら社長から「同じ部署に所属している○○さんと晩御飯食べよー!」というまさかのお誘いを賜りました。

時間引き延ばしに成功しただけヨシとしておきたいけど、また晩御飯に向けて対策をたてねば。

そんなこんなで、一番の敵は会社かもしれんな。と思う今日この頃です