挟まれました

ごぶさたです。なんやかんやで立て込んでおりました。

教育係の仕事も一段落。残すは以前在籍していた部署の同僚と自分と似た状況に追い込まれている後輩の愚痴を精神力を削らずに聞く方法を見つけるのみ。

その前に、もう体力もないからとりあえず寝る。休む。と決意した矢先、事件発生。

 

後輩が異動になりました

 

オペきちに続いて上司・部下トラブルが発端となった異動が再び発生です。

しかも時期的に、自然な流れの異動ではないと悟られやすい、結構あからさまな異動です。格好のゴシップネタになるなぁ。会社配慮ないなぁ。それくらいヤバイ状況だったのだろうか。そしてそういう異動の仕方をした後輩の今後は大丈夫かなぁ。などなど、気になることは色々あれど、今は人の心配より自分の生活リズムを整えないといけないとカウンセラーさんに釘を刺された身としては、人の事を気にしている余裕はないのです。

今回のゴタゴタで、休みは横になる生活に戻ってしまったのだから、体力回復のためのささやかな筋トレを再開できる生活にはもどりたいわけです。

そのためには、自分の生活を立て直すために、なけなしの気力を使える状態にはしておきたい。

なんにせよ、異動を機に後輩は落ち着くだろうから自分のために使える気力は多くなるから楽になるはず!と思っていたら

 

後輩の元上司から呼び出しを食らう。というハードな展開が待ってました(@呼び出される理由不明)

 

この方とは通院の報告などで地味にやり取りがあるので、そっち方面の呼び出しかと初めは思ったのですが、どうやらそうではないらしい。それ以外に呼び出される理由としては、後輩の件に関する事情聴取以外、呼び出される心当たりはないわけです。

後輩にとってラッキーな異動は、その上司にとっては管理能力を問われる出来事であったわけで、最悪「話を聞いていたのなら、なぜ間に入ってくれなかった?」と問い詰められたり絡まれる可能性もあるわけです。

正直、行きたくない。ブッチしたい。結果が出る前ならまだしも、結果がでてから呼び出されて事情聴取されることほどめんどくさく負担になることもないとおもうのよ。てか、そういう話は私じゃなくて社長に経緯を聞くべきでは?

状況を知っているなら、次から次へと回復の妨げになる厄介事を持ってくるのは辞めてほしいなぁ(切実)と荒れるオペきちでした