(´-`).。oO(擬態OLの日常)

抑うつを会社にほんのり隠して働くOLさんの日記

おじさん①と私

もうじき来るアルバイトさんの研修の準備が佳境に迫ってるオペきちです。こんにちは。

研修担当したのが7年も前という有り余るブランクを埋め、現在進行形で押し寄せる不安を少しでも解消するため、研修していた時期にかいたブログを読んだり、ググったり、togetterを漁ったりして頭を教えるモードに切り替えております。

上の要望で資料を作り直したり、自分のメモ書きを整理したり、整理したメモが資料として使えるからもっと練って!といわれたり、分かりにくい資料は了承を得た上で改訂するうちに

 

①何度も人が入っているのに使える資料が存在しないのはなぜか

②具体案を示さず、形にもせず『なんか気持ち悪い』とダメ出しされる状況

③そこはかとなく漂う丸投げ感

④でも理想は語っちゃう外野

 

に対し、若干のストレスを感じている今日この頃です。

そんな折、資料をがつがつ作っていたら「もっとゆとりを持って、肩の力を抜いて働かなきゃー。なんでもかんでもやりすぎ!」とおじさん①がドヤ顔で「俺のゆとりある働き方」を語ってきました。

ストレスレベルもピークになったオペきちはその日の仕事を放り出して帰りました。

その翌日、引き続き働き方を語り「で?手が空いてるか?」おじさん①に、「いや、次の仕事があるんですけど手伝ってくれます?カツカツなんですぅー」と答え、断る隙を与えず仕事を振ったオペきちもなかなか図太くなったと思う。