事務職ですが生傷つくりまくってます

先日、メモ用紙を作るために要らない紙をカッターで切っていたら、勢い余って左手を切りました。確実に流血してるなこれ。と思い恐る恐る見たら、皮膚にうっすら筋がついただけで流血はしてませんでした。

「よかった。痛いのは気のせいだったか~」気を取り直してメモ用紙作りを再開したら、今度は右手に鋭い痛みが走った。

恐る恐る周囲を観察したらメモ用紙に出来立てホヤホヤの血痕がついてました。

「待って?右利きなのになぜ右から血が?切るもんないやん!!ないやん!!(;´д`)」

先輩が剃刀の刃でも仕込んだ?いわ、パワハラ職場いじめが取り立たされる昨今、そんな昭和ないじめないだろう!?でも知らない内にやんちゃしてるかもしれんし!と考えてふと気づきました。

「どうやら目の前のメモ用紙が凶器で、私は紙で手を切ったらしい」と気づきました。

カッターよりも紙の方が切れ味がすごい時もある。という気付きを得て、再びメモ用紙作成に勤しむオペきち。いそいそと紙を折り始めたら今度は右手親指に鋭い痛みが走る。

今度は何だーーー!

今触ってるとこ全然切れ味鋭くないとこですから!!

しかも傷口一番深いし!ぱっくりいってるし!!

やっぱり昭和ないじめなのか?何かしたのか私?とモヤモヤしながら実況見聞再開。

結果、メモ用紙にしようとしていた紙の中にホッチキスで閉じられた紙が紛れてて、ホッチキスの針の部分を紙を折るときに勢いよくさわった結果、何かの具合でホッチキスの針の先で指先を怪我したらしいことが判明しました。

針刺さるよりかはマシですが、まさかのホッチキスの針で負傷とは。文房具怖いね。文房具って凶器にもなるのですね。

そんなわけで、事務職ですが勤めはじめて一番ってくらい体に生傷を作りまくってます。