ひとりだけフリースタイル

毎月1回、部署の会議があります。部署内で分かれている業務ごとに報告事項があれば言う。という形で進行します。

オペきちも一応、割り振られている役割はあるのですがメイン張ってるわけではございません。そんでもって、色々な業務に「サブ兼パシリ」として首を突っ込んでいる状況です。

そんな中途半端な立ち位置だからか、他の人は「業務について報告ありますか?」と聞かれるところでオペきちは「何か気がついたことありますか?」とふわっとした感じで聞かれる。

他の人は担当業務というお題がある。オペきちは中途半端な立ち位置ゆえ、毎月お題を探すところからスタート。しかも順番は一番最後。つねにトリ。つねにお題なしのフリースタイル。生きた心地がしません。

 

ちなみに、会議で発表するお題を探す時に参考にする情報は、毎日かかってくる電話が8割、足で稼いで収集する噂話が1割、直感1割。毎月、会議の度に「変な発言しないようにせねばな」と気をつかいます。いっそのこと毎回「特にありません」で通してやろうかと思わないこともない。

が、つねにトリを飾れることをラッキーと思って、会議で今やってることを上手いことアピって自分で自分の席をこさえるのも社会人の能力のうちかな?と思う気持ちの方が勝つので、今日も明日も明後日も会議に向けての情報収集をします。