読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

増加する体重と比例して増えているもの

送別会の冒頭あいさつで名前を間違えられ、シメのあいさつで名前を飛ばされたオペきちです。こんばんは。

増加する体重と比例して増えているもの。それは自分を鬱すれすれまでおいこんだ上司への恨み。

済んだことをねちねち言っても仕方ないのは百も承知なのだが、安定剤を飲むはめになったのも、休みの日はずっと横にならざる終えない状況になったのも、元上司のせい。そいつは何も痛みを追わずのうのうと働いてるのか。とおもうと悔しくて夜も眠れない。

そう思う一方で、おもいだし怒りでもキレる元気が出てきている自分の回復っぷりを嬉しく思う