読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

異動になりました

ごぶさたです。おぺきちです。春ですね。異動の季節ですね。

オペきちも先週末に異動を申し渡されました。

次に行く場所は親会社のお客様センターです。親会社にドナドナです。

 

アルバイトが1週間で逃げ出したとか、親会社ひいては子会社の掃き溜めが集まる場所だとか、あそこ行ったら終わりだよね。片道切符握らされたよね。ていうかこれ、絶対潰す人事だよね。という香ばしい噂が耳にはいる一方、一度行った人が戻りたくて仕方がなく、希望を出しているらしい。という噂も聞きます。評判が両極端過ぎてよくわかりません。

 

それはそうと、異動の原因はバリバリ心当たりあります。ストレスチェックで高ストレスからの面談指導に突き進み、お医者様から「コイツ上司から受けるストレスが凄すぎ。部署環境も悪すぎるから改善が必要。んでもってコイツはうつ一歩手前だから異動な」と見解をいただいたからです。そりゃー異動になりますわなー。

 

えらい人が生暖かい視線を送りながら「親会社でお客様の声を聞いて見識広げてね」「君の能力の高さに期待してるからこその異動!」「電話はガンガンかかってこないからゆっくりできるよ!」とやたら景気いいこと言う。その優しい言葉が突き刺さるよね。

むしろズバッと「ぶっちゃけメンタルぶっこわれかけた厄介者なので、閑職に飛ばして辞めてもらうの期待してます」くらい言って貰った方がすっきりしますよ。それくらいのことやったんだから。と思う。

でも自分が逆の立場だとして、目の前にうつスレスレの人間がいて下手なこといったら死ぬかもしれない。って状況だったら多分同じことをする。

 

優しくして過剰に気を使っていただける状況は辞めろと言われないだけありがたいことかもしれない。その気遣いを素直に受け取れないのは自分の問題だとは思う。

仕事で倒れるまで働く事態を避けた代わりに「こいつメンタル弱いから下手に使えない」人材枠に入って、みじめな気持ちを味わいながら皆にひそひそされながら働く道を選んだ。倒れるよりかはマシかもしれないがこれでよかったのかなぁという迷いも正直ある。