読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今後の指針をたててみる

長年お世話になったカウンセリングセンターを卒業したどー!一区切りついたどー!ということで、現状の振り返った上で、今後の方針を立ててみることにした。

 

内向型の性格と向き合って楽になった

今回卒業したカウンセリングでは、発達障害うんぬんより「内向型の性格」について理解を深めて回りと折り合いをつける処世術を身に付けることをメインに据えて通っておりました。

詳しくはググっていただくとして、通っている先生曰く、オペきちは内向型に思いっきり振りきってる性格。らしい。

しかし残念ながら殆どの人間は外向型。内向型のオペきちには生きづらい。

さきも性格傾向が思いっきり違うので「そもそも互いに相手の考えそうなことすら想像できない」レベルでの行き違いが発生するレベルで思考回路が違うから「空気読む。阿吽の呼吸」なんてムリムリ!

むしろ同じ日本語を喋っていても考え方や言葉の使い方がまったく違う外国人を相手にしてると考えていきましょう。英会話教室に通うノリで来てください。と言われて通いました。

結果「何でそう言う解釈になるのかさっぱりわからん!」ストレスが「そう考える理屈はおぼろげに解るけど、個人的には受け入れがたいわ」ストレスに変化しました。

ストレスレベル的には「さっぱり分からん」より「受け入れがたい」の方がマシで、おぼろげに解るようになった分、気持ち心の準備ができるようになった。

この「気持ちだけど心の準備ができる」が結構おおきかったなぁ。と今になって思う。

 

病院ではマイルド発達障害対策をメインにするつもり

これからは病院一本にしぼるので、今まで何となくスルーしていた発達障害の対策をメインに据えて通院します。どう向き合うかは未定ですがとりあえず早く薬を呑まなくて良い状態に戻るのが当面の目標です。無理だろうけど。