診察記録

2月しょっぱなの診察記録。

薬減った

接する人から「あれ?オペきち最近テンション高くね?」と言われることが増えたため、30→20にサインバルタ減量されました。

速効性がない薬だから、薬飲んで夕方くらいに「テンション上がる!ヒャッハー!!」になる可能性は考えづらいそうですが、、、多分、念のための減量ということだろうな。きっとそう。

周りの軽い変人扱いに敏感になる

「どうやら自分は派手にズレてドツボにはまる可能性が高いらしいぞ」と判断してから、この人ならあんま偏見持たないし口も固いだろ。という人を選んでまめに現状を相談するようにしている。

相談する人には、上司と血みどろの争いを繰り広げた結果、適応障害になる+発達障害ある。という事情も話している。

孤独感に苛まれがちで人肌恋しいオペきちとしては「その気持ちわかる」「そう考えるのは無理ないよ」という共感ワードで包み込んでくれることを期待してしまうのですが、現実は厳しいらしく「そういう結論に多くの人は行き着かない」「いっていることは正しいが普通の人はそういう結論を下して実行しようとしない」など心を突き刺すまさかの答えが返ってくる。

普通の人!普通の人!と連呼される度に「こっちだって普通じゃ!」とキレると「会話が通じるから何とかなってるもののこの会社において君は普通じゃない!会話が通じること自体がもう奇跡のレベルなんだよ!」とぶったぎられて折れる。そんなにおかしいのか?と愚痴ったら「スコアは高めを叩き出したけど話している感じではコミュニケーションに支障なし。環境が悪いだけ。たまに気を配る程度で良い。行くところに行ったら埋もれるレベルだから気にしすぎはいかんよ」と言われる。

頭では解るけど!じゃあ!なんで!こんなに!!私は今辛いんだ!!!なんで会話が成り立つだけで奇跡と言われる立ち位置にいるんだ!!!!と心の中ではじたばたしておりますが診察室では騒がない。大人だもの、大人だもの、、、(ブツブツ)

ここまで自分を苦しめる、世の中の大半が考える普通の基準って何なんでしょう?誰かワカルヨウニオシテエクダサイ(棒読み)

 

辞めるにしても居るにしても

今、超折り合い悪い上司がめっちゃネックなわけです。折り合えだの割りきれだの言われてるけど無理です。それ出来ませんレベルの嫌いまでランクアップしてしまった、、、(  ̄- ̄)大人げないのは解るけど、大人だから折れられない部分ってのはありますよね、、、、。どうしたもんかな、、、。とつぶやいたら先生には「じっくり悩め」と言われました。なんでもぱっぱと決めて悩んだことないんですけど!とキレ気味に言ったら「ADHD要素が治まって慎重になってるから良いことです」と言われました。

精神的に参ってる今日にかぎって、診察は放置プレイ気味でなかなか辛かったです、、、( ´-ω-)

ちょっぴり混じってる己の発達障害と合わない上司に向き合わなければいけないが向き合い方が解らず、相談しようにもここぞという部分をうまく説明できなくてもやもやする私、、、。辛い、辛いぞ。。神様助けてください