読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

やり方が違うだけなんだよね。。

倒れる準備はできている

久々に「そういう所が気に入らない」という出来事が起きたのでメモしておく。

 

バキバキに使えるようになろうとは思わん(覚えろと言われてないし)

今の部署はファイルメーカーでデータ管理しています。オペきち自身はファイルメーカーを使って1からデータベースを作ったり、不具合が起きたときに原因を調べて直したりすることはできません。準備されたものに打ち込んだりデータ並び替えするなど最低限の入力作業ができるレベルです。

オペきちはエクセルの方が得意+業務で扱うデータ数はエクセルで対応可+会社で使ってるファイルメーカーが不安定でデータ飛んで普及を繰り返して不便。そして信用できない。という理由から自分がメインで事務する業務ではエクセルメインで管理してます。エクセルで不便してないので覚える気はありません。

 

知らないの前提で話して下さいな

サブで入力を請け負っているある業務で、

「あー、これ入力画面じゃ対応できなくて、レイアウトの変更的な画面に入って修正しないといけないやつ。。。」という作業が入ってきた。知識がないデータベースソフトでしかも人様が作ったデータベース、、しかも動作不安定でデータ飛ぶ可能性あり。絶対いじりたくないな。

よし、このデータベース作成した主担当に振ろうそうしよう。と決意して話を持っていったら「レイアウトモードがうんぬん」と言い出した。

日本語として理解できなかったけど、オペきちにさせる気だ。というのは分かった。ファイルメーカーいじれない、知らないと言っていたのに、いじれる前提で話す主担当に対して、何だかとっても気に入らないという感情がむくむくと湧いてきました。

なので、テンポに乗って無理くり話を進めようとしたのを「いきなりレイアウトモードって言われても分からないですから」「ファイルメーカーいじったことない人にも解る説明でお願いします」「本当に何も知らないので猿にも解るくらい噛み砕いて説明してくれないと出来ません。すみませんがもう1回初めからゆっくり話してもらえませんか?お願いします。」

とビキビキしながら、手を変え品を変え、噛んで含ませるように説明を求めるのはとても疲れました。。。

 

気に入らない理由を考えた

長年メンバーが変わっていないからだろうか。「自分が知っていることは目の前の人も知っている」と思い込んで話を進めることが今の部署では多い。そこがオペきち的には気に入らないのだろう。きっと。だから必要以上に「つい」突っかかっちゃったのよ。

比べてはいけないのかもしれないけれど、電話オペレーター時代は「自分が知っていることをお客様や働くメンバーも知っていると思い込むな。阿吽の呼吸が通じる可能性はゼロに近い」が基本方針だった。

人の入れ替わりが激しかったので、阿吽の呼吸前提で動くと間違いが多発するし、お客様の理解度を見極めてしっかり伝わるように話すか「そーいえば、そんなこと言ってはったね」と言われるレベルで記憶に残るように話すよう叩き込まれる業務の特色を考えると、阿吽の呼吸を信じない姿勢に行き着くのは必然。

そんなオペきちも、部署を異動してからは必要に応じて認識を変えるつもりでいた。一年在籍しても「阿吽の呼吸はつうじない。マメに確認、言質とる。」方針を変えなきゃなと思ったことはない。

なので、今の部署みたいな阿吽の呼吸で仕事を進める世界にどうも馴染めなくて悩んでいるのですよ。という話でした。