ヒャッハータイムが長引く弊害

最近、頭がくるくる回るヒャッハータイムが安定して訪れるようになりました。持続時間も長くなってきたからか、予想以上にやることが片付いている。上がりかたもゆるやかになっているので、自分自身でヒャッハータイムの訪れに気づくことができず「気づいたらフラフラでした」になることが増えた。とても不便している。

 

ヒャッハータイムの最中、オペきちは実際に経過した時間よりも早く時間が流れているように感じているので「え!まだこんなけしか経ってないの!ペースとばしすぎたな」と後悔する。で、会社で動けるようになった分、帰るときに眠くてふらふらになり動けなくなることもある。そんなときは喫茶店で一服。茶を飲みながら「いつスイッチ入ったっけ?」と自分反省会を繰り広げるのが日常になってきた。喫茶店代がかさんで仕方ない。困る