読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

診察記録

自分用の診察記録

 

多発する事例について相談してみた

抑うつが薬により落ち着いたことで周りの関心が「で、あなた発達障害なんですか?」に変わってきた。

聞かれる度に「偏りはあるけど個性の範囲内みたいですよ」と答えてはいるが、あっちの耳には「偏りはある」しか届いていない模様で、答えを聞いた人は、ちょっと上から目線が入った同情視点で「あー、やっぱり」と相槌うたれて腹立つ事例が多発しています。正直めんどくさいし傷つきますし、ぶっちゃけ自分でも自覚ないからどう答えていいもんか悩むうえに、自分にとって都合のいい部分しか耳に入らない人に説明すんのもうっとうしい。というのが本日のホットトピックでした。

 

答えはやっぱりグレー

実際のとこ、先生からみてどうなんですかね?と聞いてみました。

医者的な物言いになると「自閉症スぺクトラムはグラデーションになっててうんぬん」「置かれた状況により不便して『障害』になるか『得がたい長所』になるかは変わる」というお決まりの蘊蓄を踏まえていうと、この会社では障害になってるよねぇ。となる。

どっちかというとこだわり強めだからアスペルガーの試験受けてみるかと提案されました。

そういえば試験受けてたかしら?

前に行ってた病院では「幼少時にアスペルガーの傾向は見られたが克服済」と言われてるが試験を受けた記憶はない。

ひょっとしたら、束のような問診票を書いた記憶はあるからその中に紛れてたかもしれない。

傾向ありと言われるってことは知らん間に試験を受けていたのだろうか?てか知らん間にそんな試験受けさせる病院ってあるのだろうか?と先生に聞いたら笑って誤魔化されました(そりゃそうだ)

 

結論→適当に諦めろ

上から目線で微妙に同情されても無責任なことを言われても人の気持ちなんて最終的に解らないんだから適当なところで折り合い付けて諦めていくしかないのよね。

だからいちいち傷つく必要もないのよ。自分がどう折り合い付けていくか。理解してもらいたい人にどう理解してもらうかが肝要。というところで本日の話は終了した。

 

昼間の眠気の謎が解明された

最近、15時くらいに決まって眠くなる理由が薬の副作用であることが判明しました。

精神科の薬ってやつは笑えるくらい副作用が出ますな。

副作用の解決策を薬剤師さんに聞いたら、答えは「そのうち慣れますよ(がんばれ)」でした。

まったく!抗うつ剤ってやつは、効き目を期待しようとおもうと通常より忍耐と頑張りを多目に求められて困りますな!