読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ついていけないと思うところを書きなぐってみる

最近は頭ぐるぐるしてしんどくなる日が増えています。ぐるぐるしすぎて、しんどくなった理由すらよく解らなくなってきました。

理由もわからず「きつい。しんどい」では解決の糸口を見つけられません。

きつい、しんどいがこの調子で積み重なったら気力が持たんから「自分的にもう無理。ついていけない」と思ったポイントを書きなぐってみよう。大人として情けないと思う理由もとにかく書いてみよう。

 

ついていけないところ

 

臨機応変に目の前の仕事を捌くスタイルが通常運転。電話に出たお客さんの方が情報を知っているなんて事はザラにある上に、詳しいことを聞かされてないのに、担当と任命されいきなりお客様対応を命じられるのがつらい。

こっちはイベント業務にあんま携わってないからポイントがわからねーの!だからいきなり何も聞かされてないのにお客様対応とかできるもんか!!資料とかスケジュールとかないんか!と聞くと「請け負い先が情報をくれないから、こっちも詳しいこと解らん。わかる範囲で言われた通りにやれ。空気読んで」と上司が言っちゃう状況に「ちゃんと話聞いてこい」と突っ込みたいけど突っ込めないオペきち。

 

オペきち的に、大まかなスケジュールは知りたい。臨機応変でいきなり「その仕事の締め切り今日までなんだ」と言われてパパっとできるほどデキる人間じゃないからさ、、、。見直す時間は欲しいんだ、、、。臨機応変でなんとか対応できる仕事の件数は少ないから、臨機応変はなるべくさけたい。

だから、いつもそれを求められる環境は辛いな。

 

「事前に細かいことは気にせずとにかくやれ」な上司と合わないのも原因だな。

トラブルは起きたときに対処する上VS事前に予測できるトラブルは潰したいオペきち。お互い平行線です。

 

仕事は義務教育じゃない

そう言う状況でも「こういう場所に異動したんだから、そこで調子を崩さず仕事して付いていく。ストレス管理はきっちりして割りきって仕事する」のがあるべき社会人。でもどうしてもなじめない。

そういえば、「仕事は義務教育じゃないからついていけないやつは切り捨てる」という言葉をある先輩に言われたことがある。

今、オペきちは付いていけてないし体調まで崩しかけてるんだから、さっさと脱落したらいいじゃん。薬飲んだところで会社に足を運ぶだけでカツカツなんだから、さっさと諦めた方が会社も自分も幸せなんじゃない?と思うものの自分にも生活があるから辞表出す勇気はない