無茶ぶりへの対応

仕事でちょっとした無茶振りをされたらどうします?

オペきちは「それは極力のみたくない条件だわ」「無理したら頑張れるけど、できればこのラインは越えたくないな」という条件を吹っ掛けられたら事前に交渉(最悪断る)ようにしてます。

「やれるだけのことはやりましたが出来ませんでした」と言うのはあくまで最終手段で、この言葉を言う前提で物事を進めるのはなんかちがうんじゃないかなぁ。早い段階で無理だとわかれば対策も打てるし。と思うからです。 

事前に防げるトラブルは予測して防ぐにこしたことないし、気を付ければ予測できることって結構あるしね。。。

今の部署は「多少背伸びしてでも『やります!』と言ってやる気を見せる」。という人が多数派で、やる前から無理ですわ。と相手に言う方が失礼だ。要望に答えられなくても、やるだけやった姿を見せたら先方も納得すると思うようです。

考え方の違いだとは思うんですが、結果がだせなくてもやるだけやった経過を評価してくれると相手に期待する姿勢そのものが甘えではないかとオペきちは思ってしまうわけです。

どっちが正解だ!と決めつけようとも思いませんが、世間一般にはどっちが多数派なんでしょうかね?