読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ここ最近のハイライト

ここ最近考えたことのハイライト

抑うつ状態でこんなにキツいんかい!

元々の性格が回りの人が呆れるくらい考え込みやすい質らしいんですが、自分の中では異動してからとする前では明らかに状態が違うことを最近痛感している。ぱっと思い付くのは↓みたいな感じ。

 

  • 前はどのポイントで悩んでいるか自分の中で認識できていた(今は目的地が見えない)
  • ムラはあったけど仕事はちゃんとできた(今は座ってるだけで涙がダバダバ出るので席を立たざるおえず、仕事が進まないときもある)
  • 歌詞入りの音楽が聞けた(今は歌詞がついていると煩くて仕方ない。薬飲んだら聞ける)

 

これでも大分つらいのですが先生からしたら「まだセーフヽ(^o^;)ノ。うつに片足突っ込んだレベル」らしい。状態でもこんなけつらいんだからうつ病ってどんなけつらいんだよ!とつくづく思います。

 

狂気のメモ

短期記憶の格納庫が本格的にぶっ壊れているらしく、数秒前に言われたことも覚えていられない状態です。脳内で考えてることも1秒経たないうちに忘れてしまうもんですから線で物事を考えることが出来ません。線で物事を考えることもできないから前以上に話もまとまらないから本気で不便してます。

浮かんできた記憶や考えを忘れず保持するために、持ち歩いているノートや付箋に片っ端から書き留めてます。

浮かんでいく考えに手が追い付かず、書いている間に話の内容についていけなくなり、会話する際は何度も話の内容を聞き直す日々。

オフィスのパソコンは忘れる事への強迫観念からか付箋だらけで狂気の沙汰です。

狂気のメモに目を通すと、メモの意味がないくらい話のポイントが押さえきれておらず、自分がいかに話の内容についていけてないかがわかります。もう話すら聞けない状態なのかと情けなくなります。

同時に「こういう状態だったら、そりゃあいくら悩んでも答えはでないわな」とホッとしている自分もいます。

白ご飯的人材になりたい

会社で「お前だけ若干毛色が違う」「思考回路が組織に向いていない」と大っぴらに言われるようになりました。

本格的に体調が悪くなって、今まで胸の中にしまってた本音が出たなと言われた本人は感じています。

30過ぎてから言われる「組織向いてない」は「お前社会不適合者だよ」と言われてるようにしか思えず卑屈になります。

毛色が違う思考回路を面白がって「お前みたいなやつがいるから面白い組織になるんだよ」と言ってくれる人もいますが、卑屈になってる本人としては「こっちは芸人じゃないんだから普通に導きだす結論を面白がられても不快だよ。何が面白いだよ」と腹の底では思ってます。組織に面白味を加えるスパイス的人材じゃなくて、埋もれてもいいから絶対必要にされる白ご飯的人材に私はなりたいと思ってしまう。

 

以上、つれづれ愚痴日記でした