読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

入力したデータ、飛んだってよ

倒れる準備はできている

呪いの短歌コンクールの話。入力した歌のデータが飛んだ。1から入れろと言われても出来んことない量ではあるものの、正直めんどくさい。

「こうなる以前にも何度かデータが飛んで、その度復旧作業してる時に『データが飛ばないシステムを作ろう』と思わないのか。なぜ頻繁にデータが飛ぶこのシステムにこだわるのか」という疑問が頭によぎってイラッとくるが、それを言うと和を乱すらしいので辞めておく