カウンセリング日記

毎月恒例のカウンセリング備忘録。

 

・いよいよ精神力が枯渇してきた。らしい

「前なら踏ん張って頑張れた場面で頑張れず踏ん張りがきかない。それが物凄く悔しくて焦る。頭では頑張りたいと思っているのに、思うように体や頭が動いてくれない状態がひどくなって困る。今が踏ん張り時だから早々に状況改善したいのに、何を試してもダメ。原因が全く解らないから解決もできずひどなる一方で辛い。ここまでひどくなったのは初めてで辛い。状況を打破できる局面で力が出せずチャンスを逃す自分が憎い」と愚痴ったら

「いよいよ精神力が枯渇してきただけ。焦らずゆっくり休んで」というアドバイスを頂いた。

頑張るから「休む」へのシフトチェンジ時らしいが休み方が解らない。

 

・「別に私はいいんですけど」と言いたくなるときに考えること

 

オペきちは会社のことを話すときに「別に私はいいんですけど」という前置きをするらしい。

「そう言いたくなったときの気持ち」を考えてみよう。と提案され考えた結果が↓。

 

自分としては納得はしていない。おかしなことを言われていると思うが、相手がそう言いたくなる気持ちも、そう言わざるおえない状況も解る。相手の言い分を飲んだ方が丸く収まるから我慢しよう。

 

そう話すと「楽になる1つの手段として、自分を納得させる必要はない『おかしなことをさせられてるな』という認識を持つことは悪いことじゃないんですよ。話を聞いている限りでは、そういう認識をもって当然だと思います。だから、少数派で解って貰えず辛くても、自分がそんな風に考えているという現実はしっかり認めてください。」と諭された。

当たり前の事すぎて見落としてました。目からウロコ。

 

・自分が気づくことは人も思い付いて当然と思わない

 

「自分は仕事ができない底辺社員なんだから、自分より仕事が出来る諸先輩方は自分が気づくことなんて気づいているだろう」と常日頃思っているが、これが間違いらしい。

 

仕事ぶりを見ていないから解らないけれど、今まで接してきた感じでは、オペきちの脳みそは論理性が人よりも高いので、通常より問題点を発見し解決する力が強いらしい。

そっちに能力の針が振り切ってる分、人の感情や集団心理で動くような物事を考えるのは苦手なんだそうな。

 なので、あなたが気づいて当然だ。と思うようなことでも、感情や集団心理のフィルターがかかって問題点が見えなくなり「本当に解らない。気づかない」ことが多々起きていて、そういうフィルターがかかりにくいオペきちみたいな人種の方がレアキャラらしい。

だから「気づいて当然」というその思い込みは直していこう。とのことでした。

 

う、、うん、理屈としては解ったから頑張ってみるわ。