現状を整理することにした

異動して半年になる。

前回異動(オペレーター→編集)した時と比べて「これ出来るようになった」と実感することはない。「苦手なことを克服するために頑張ろう」という気持ちも湧いていない

「本意ではない異動」という意味では同じであるオペレーターの部署に移った時と比べても、「これできるようになったな」と思えることは少ないし、業務に対して前向きになる気持ちは湧かない。苦手なりに身に付いているものはない。

 

じゃあ、今まで何してきたのかと疑問に思ったので、異動してから書き綴ってきた日記を読み返した。

ただ会社行って机に座るだけでカツカツな自分が日記の中にいた。

 

自分で自分に「苦手なりに結果は出ている」と思えることがないのは当たり前。

状況を変えたいと強く思っているが、状況を変えるために一番必要な「意地でも状況を変える」という己の気力は全く湧かない。

 

あの時は状況を変える力を蓄えるために踏ん張って試行錯誤する気力があったのに

働きはじめて一番状況が悪い今こそ踏ん張らないといけないのに、その気力が全くでないと言う初めての事態に物凄い焦ってる。

 

気力と忍耐だけで人生切り開いてきたのに何で今それができない

 

君は作業しかしてこなかった。いいようにコキ使われて仕事らしい仕事もせず生きていくのか。仕事を取ろうとは思わないのか。恥ずかしくないのか。と図星をつかれた。

仕事をとれなかった自分に非はあるかもしれないけれど、仕事は選べない。

しょーもない仕事かもしれんが、一生懸命やってきた結果がこれだ。恥ずかしくないのかまで言われる筋合いはないけど、自分の働いてきた評価はこんなもんという事実がつらい。

 

 

といらつく自分の日記を見てたら、今どういう風に物事を考えて動けばいいのかが解らなくなってきた。

自分なりに得たものはあるけど、結果は出せてない。でも今どうしてもがんばれない。

そんな自分が情けないと責めるのを辞めるところから始めてみようかな