読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

根回しとは何ぞや?

オペきちの仕事内容に、定期的にやっているミニコンサートの運営が含まれている。

会社は主担当はオペきちと言っているが、窓口は先輩のままなので実質はサポートだと思っている。

建前は主担当オペきちですが実権は先輩。という一昔前の摂政政治のような状態なので

状況を変えようと思うと、先輩の顔を立てつつ、部長にお伺いをたてる必要がある。

 

これがなかなか面倒くさくてキレそうになります。(笑)

 

誤解のないように声を大にして言いたいのは、オペきちは根回しを否定しているわけではない。

責任の所在をはっきりさせるためにも、何かあった時のアリバイ作りのためにも

上の人にお伺いをたてる根回しは必要だと思う。面倒だが。

 

「失敗したら俺が責任を取る」「先輩が相談に乗る」ための根回しではないんだよな。ここの部署の場合。

手柄を上げたら「俺がアドバイスした」から成果を上げられた。

失敗したら「俺は止めたんですけどこいつが勝手にやりました」と

保身に走ると言い訳を与えるための根回しなんだよね。

先輩が逃げ道を確保し、後輩の成果をかっさらうためのホウレンソウか。

と理解し、ホウレンソウするようにしてます。

まぁ、なんかあった時の逃げ道はガチガチに塞いで、

死ぬ時は一緒に死んでもらう方向でさらに裏でことを進めてやるけどな。ケッ!