読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

己の経験を棚卸ししてネガティブになる

ども。オペきちです。転職サイトに登録すると「アナタのスキルを登録してください」「職歴書いてください」というメールが来る。
することもないので、暇潰しも兼ねて職歴を書きました。そして気づきました。人様に誇れるほどの仕事はしてきていないことに。

そもそも就活失敗してる段階で「できない子」という自覚はありました。仕事は選べないな。という自覚もありましたが、なんでも要領よくこなせるタイプではないので、致命的なボロが出ないレベルの仕事にありつく努力はしました。

そこで流れ着いたところが、旅行商品の予約受付をする受付センターだったわけです。会社では「電話の子」というイメージがめちゃくちゃ強いのですが、電話応対業務は苦手な分野です。
6年やって実力はこんなもんか。と自分では思うけど回りはやたらと電話で持ち上げてきます。
そこしか誉めるところがないんだろうとオペきちは思っています。

もしくは、当時、電話の部署が精神的な問題で正社員女性が定着しない部署でだったのに6年続いたのがよかったんでしょうか?結局は潰れる寸前になって異動になったから「ちゃんと続けましたよ」と胸張って言えるようなもんじゃない?

「苦手分野だけど、ここである程度鍛えられたら多少はマシになるし定着率が悪いなら続けてるだけで評価されるから」という後ろ向きな理由で、電話応対に前向きに取り組んだ六年間は無駄ではなかったとは思うけれど、人様に誇れるようなものではないと思う。

取り柄がないから、皆が嫌がる仕事を続けることでしか生き残れなかっただけで、会社もそれをわかってるから、皆が嫌がる電話応対業務ばかりさせるんだろうな。
仕事あるだけマシだろうけど、若者が入ってきたら、そのうちこの仕事もなくなって今以上に居づらくなるな。とネガティブな想像をする昼休み。