社内ニートは脱出した模様

社内就活せずとも一定の雑用が回ってくるようになりました。3ヶ月に及んだ社内ニート生活にようやくサヨナラできそうです。ふんばったな自分。

しかし勝負はここからです。歳が歳なので、このまま雑用係に収まって時を待っていたら貴重な30代を無駄にしてしまいます。

前やってた電話オペレーターは「初めにお客様と相対する仕事」なので、見下されてはいるけど「無視はできない雑用係」ポジションだったので、コキ使われながらも「お客様からの声に直接耳を傾ける立場」として、建設的に物申すチャンスはあったわけですよ。

相手からしたら「黙って言われた通りに働け」らしいのですが、こっちからしたら「貴方から給料をもらっているわけではないし、上司でもないので、貴方に顎で使われる筋合いはありません。立場としては対等なんですよ」とこまめに主張する機会はあったのです。

しかし、今の部署は担当者が全て最後までやりきるワンオペシステムで上も担当者の報告でしか業務の内容を知ることが出来ない状態。
裏を返せば「担当者が正義」で外からの介入が難しい状況ですから、この部署の雑用係は「担当者の鞄持ち」でしかないのです。
いい担当者に当たればよいですが、コキ使われて終わる可能性の方が大。外の介入が難しい状態ですから、何も考えずに過ごしていたら前と比べて不当な主従関係に陥って潰される可能性が格段に高くなるな。と危機感を抱いております。

どんな仕事でも自分次第でそれなりに成果を得られるものだし、お金をもらっている以上は何でもするもんだ。という考えが正解だというのは百も承知なのですが、もう若くないので、いつ結果が出るか解らない鞄持ちをするほどの余裕は正直ありません。
同じ時を過ごすなら、確実に成果が出ると解っているものに時間を投資したいです。

そういうわけで、最低限の仕事をしながら、「ここではないどこか」に行くための下準備を行っております。