読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

近況

仕事内容変わって2ヶ月。
2ヶ月経っても暇。暇すぎる。仕事を見つける努力はしてるつもりだが、どう頑張っても資料の印刷、簡単な書類の作成、打ち込み、封入作業しか見つからない。電話も鳴らない。どう逆立ちしたって暇な状態を脱することが出来なくて本当に困り果てている。

面倒なことを後付けで小出しにされる

作業する内容自体は簡単なのだが、どういう訳か進行スケジュールが常にギリギリ進行なので短期間に大量な作業をこなさなければいけないことが日常化している。

最近は「実は○○もしなきゃいけなかった」と、断れない状況に追い込んだ上で、仕事を小出しにすることが増えた。小出しにされる作業に限って、面倒くさくややこしいものであるのもまた不思議。もちろん改善の気配はなし。
小出しにするな。こっちもギリギリ秒刻みでスケジュールたてて進めてるから、たった一個でもする内容が増えることによってミスする可能性が上がる。
しかも増やした作業は今まで別の人がしてたり、そもそもやってなかったりするから追加される理由が分からなかったりする。

目的もわからず作業内容が増えるのは苦痛なので、小出しにされ増えた作業が絡んでいる仕事がどんな流れで進んでいるのか調べてみた。
すると、小出しに増やされた作業をオペきちがすることによって楽になるのは指示を出した上司のみであることが分かった。
お客様のためや業務効率化のために必要であるならまだしも、たった一人の上司が楽するためになぜこんな煩わしいことをしなければならないのか。腑に落ちん。
あまりにも煩わしく面倒なので、一緒に仕事してる人に「やって下さい」と言えない。上司から言ってもらうように頼んだが、お前から言えの一点張り。面倒で嫌がられそうな仕事ほど、権力を持つ上司がいうもんじゃないの?と思うがその人は人に嫌がられそうな指示は一切出さない。
言えと言われた以上、言わなきゃいけないんだろうが、やっぱり言えない。
なので「いけないこと」と解りつつ、一人てその面倒な作業をしている

無理をいうのは下っぱの仕事らしい

自分は仕方ないとしても、ギリギリの状態で進めてるもんだから「直接○○さんに原稿送って今日中に返事もらって」と無茶をいう機会も増えてきた。会ったこともなく、イベントを進める流れも知らない下っぱが無茶言うって礼儀的にどうなん?と思いながら仕事してたら胃が痛くてたまらない。