突き詰める性格と言ってくれ

最近、自分と同じような悩みをググり、ヒットした人生相談のページを読み漁るのが日課になっています。
もちろん本屋で立ち読みする本棚はキャリア系、心理系、「生き方がうんぬん」という題名がついた本です。
「こんなもん」と割り切れば0.1秒でけりが着く「明確な答えがでない」問いの答えを探し続け、上記のような行動に出てしまうのはオペきちの癖みたいなもんです。しかもこういう時は大抵悪い方向に思考が転がっていきます。

しかし、マイナス思考も出尽くすほど突き詰めると、一転プラス思考になります。その結果、今までのマイナス思考で思い詰めた分を打ち消す程度にプラスの可能性が思い付くようになり、最終的に自分が心から納得できる「プラマイ0(ゼロ)」な丁度いい結論を導き出すことができます。

そんなオペきちを周りから見ると「思い詰めやすい性格」「ネガティブ思考」となるようです。
そう言われる度に、本当にネガティブ思考だったら「プラマイ0(ゼロ)」な結論を導き出す前段階の「悪い思考ばかり頭に浮かぶ状態」で思考停止して絶望しているはずだから、オペきちは思い詰めやすい性格ではあるけれどネガティブ思考ではないのではないかい?と心の中で反論しています。