仕方がないのでマクロを始めた(童謡「やぎさんゆうびん」風)

担務替え先で唯一、毎日のルーティーンとして取り込めたものがある。それは入金確認作業。表示倍率を40%程度にしないと全体像が見えない表に、入金項目ごとに何件入金があったかひたすら入れるというのが業務内容だ。
その表に新しい入金項目が増える度に表の行数がどんどん増えるので、項目が膨大になると非常にめんどくさいし、入力する場所がどんどん増えるから、ぱっと見てどこに入れるか分かりにくくて入れる場所を間違えてしまいやすい。
「表っていうのは一目見て分かりやすいから表なんだよ」という信念と、めんどくさい楽したいという一念で、持てる関数の知識や条件付き書式を使ってそのエクセルを加工した。

加工しているうちに「もっと楽したい」という欲望が出てきた。やりたいことを調べたら「関数じゃ出来ないけどマクロならできる」らしいことが発覚したので、今VBAに手を出している。今ちまちまとググりながら打ち込んでいるが、一日ちまちま打っただけでも大分楽できてるのでものすごく感動している。プログラムって便利だなー。(*´∀`)♪

時間余ってるし後々役に立ちそうだからしばらくは反感覚悟でマクロ学習に心血を注ごう。暇だし。