自分の職歴を悲しみに任せて書き並べてみた

昨日、異動先の部署の人に「引き継ぎたい仕事がアレとコレとソレがあるんだけど、もちろん全部引き継ぐよね。どれもメンドクサイし大変だけど(笑)」と言われて「ババしかないババ抜きでもするつもりですか?」と思わず聞いてしまったオペきちです。
「春に変わるって言うなら自分も異動の可能性あるよね。。。」と死んだ魚の目をして語ったその人の様子が目に焼き付いて離れません。

そんなわけで、仕事が出来て適応能力のあるものが死んだ魚の目をして辛うじて生き残り、要領よくて出来る人間は見切りをつけて辞め、仕事が出来て真面目な人間は体調を崩して辞め、メンタル弱くて出来ない人間も辞めるということが解ってる部署に月末から本格異動します。異動の内示を受けた時点でメンタルボロボロ、仕事もボロボロ。頭が回らずうっかりお気に入りのネックレスのチェーンをぶちきってしまう惨事にも見舞われました。メンタル参っているときはこういう些細な出来事でも号泣してしまうくらいショックだったりします。きつい。

言われた通りに働いて倒れるか、その後の評判を気にせず上司とやりあってすごい部署に飛ばされるよう暴れるか、あの手この手を使って楽して働けるよう徐々に段取りつけて働くか、転職するかの4択です。人生最大の難問です。

そんな悲しみに任せて、職歴と資格を書き並べましたところ下みたいな感じになりました。

イベントスタッフとしてイベント運営に携わる(1年)→電話オペレーター。並行して保険受付業務。この時期に会社から言われてものすごく嫌々衛生管理者二種を取得。(6年)→精神的な意味で体調を崩して倒れる寸前に媒体の編集へ(2年)→イベント←今ココ

他に持ってる資格

漢検二級、普通自動車運転免許

書き出すというのは恐ろしいもんで「あー、こりゃあちこち行かされても仕方ないわ。人材的にどうでもいい臭ぷんぷんしてる」と認識しました。
この事態は自分が招いた事態でもあるんだな。。。