元オペレーター視点での愚痴

働いている会社の質はともかくとして、長年働いてきた経験と勘から、何となく悟っていることがある。
「この部署の方針とやり方には逆立ちしたって馴染めない」って。
その手始めにオペレーター視点から行き先の部署の愚痴を書く。

今時、顧客管理が手書きの台帳なんだぞ!!事務作業苦手なオペきち泣かせの管理方法だぞ!!
しかも台帳をまた機械に打ち直すんだぞ!!じゃあ最初から打ち込みで入力したらいいじゃん!無駄な手順が増えた分だけミスも増えるし何かあったときに処理の間違いを見直す手間も増えるんだぞ!しかも手書きの字なんて解読間違いとか増えるじゃないか!打ち間違いもあるよね?って言われると黙るけど!
そんなこと言われないと思うけど、今の管理方法で「手書きの台帳を元にイベントに参加してる客層の分析しろ」って言われたら確実にできないね。言わないだろうけど

前にいたオペレーター部署も大概変な端末だったけど、端末で管理してるだけまだマシだったわ。しかも担当者によって事務のやり方が違うってのも事務苦手なオペきち泣かせだよね。せめてやり方は統一しとけ。誰が来てもちゃんと見て解るような顧客データの管理しとけ。猿でもわかるように手順は簡単にしとけ。新しい人が来たときに、3日の研修で一通りの事務ができるよう手順は簡素化しとけ。情報共有が速やかにできて、トラブルがあったときには迅速に原因が究明できるような情報管理のしかたを徹底しとけ!!見てるだけで胃がキリキリするわ!って心の中の鬼オペレーターが絶叫して胸が苦しい。(`ロ´;)

そんなこんなで、一応8年間オペレーターしてた自分には耐えられないほどの昭和仕様で異動する前から既に涙目です。