いい歳して駄々こねた

一昨日、異動の内示をうけました。行く先の部署は、オペきちが知る限りでは女性が異動したら次から次へと辞めていくか潰れてる部署です。社内でも「根性論での働き方はもはや異常」と話題に上ります。その上、相性が最強に悪い上司2号がトップの部署です。きっつい。ちなみに皆が嫌がる部署に行くのは2回目です。

気力でなく体力面でかなり不安があり冗談抜きで倒れると確信が持てるのっぴきならない状況でかっこつけてる状態ではありません。
体力的に間違いなく足引っ張るし現に女性がまともに続いていない。と言って一時間くらい駄々こねました。
女性が体調を崩したり辞めたりすると「また潰れた」「だから女の人じゃダメなんだよ」と言って笑ってた人ですよこの人たちは~。と言いたかったがそれはやめといた。
が、「また潰れた。使えないな」って言ってるのを何回も聞いてるから怖い。とは言っておいた。社長に噛みつけるようになるほど厚かましくなるなんて歳はとってみるもんですね

駄々に対し「女性視点の新しい事業立ち上げ」「根性論的な働き方が普通と思ってる人たちとは真逆のオペきちを入れることで価値観の変化を促す」「君の視点から見て無理なものは無理と声をあげることで変える」という論調で攻める殿上人の話を聞いて思った。

若造が声あげたくらいで変わるわけないだろ!てか危険を知らせるために放り込むって炭鉱の危険を知らせるために飼われてるカナリアかオペきちは!!
現に3人退職者が出てるんですよ。しかも労働環境改善の最中でも上司が残って働いて謎の圧迫かけてんですよ。無理無理無理。倒れろ。矢面にたて。という風にしか聞こえない。

そんなこんなでゴネにゴネて一時間、もう頑張れないわ~と思いながら毎日半べそで会社行ってます