ジバニャンっぽいよね

タイトルは他部署の職場の方に言われた一言です。
オペきちは下っぱなんで、他部署によくお菓子配りに行ったりお使いに行ったりするついでに話しかけられたりするんですが、その姿がケイタの後ろをついていってるジバニャン的雰囲気を醸し出して「見ているだけで癒される」そうです。オペきちが上司に歯向かってシバかれている様子は「ひゃくれつ肉球でトラックに立ち向かいひかれているジバニャン」に見えるらしいです。

一昔前はケロロ軍曹と被ると言われました。その次はふなっしーみたいだと言われ、アリエッテイってあだ名もありました。挙げ句の果てにはうちのペットの犬みたいなんかがあります。勤続10年近くなるのですが、例えられるのが妖精かゆるキャラか3頭身キャラばかりです。

仕事の出来はよろしくないし足引っ張ってるのは解ってるので何言われても仕方ないなぁとは思いますが、扱いがゆるキャラかペット的で最近辛いなとは思ってます。人間じゃないし、そうでも扱わないと他の人はストレスでやっていけないのかな。と思ってます。
信頼はされてないし立場も悪いが、なぜかジバニャン的立ち位置で落ち着いてる状況はある意味ラッキーなんだろうけど正直辛い。時間かかるだろうけど、これ以上立場を悪くしないよう、人間として扱ってもらえる努力を気長にするしかありません。
焦らずに、無理のない範囲で己の状態と相談しながらコツコツできることをやっていきたいと思います。