今、ものすごく根詰めて合うか合わないかを考えてる

勤続10年を目の前にして「ひょっとして、私この会社合わないんじゃないか」と気づいた話の続き。

もうじき働いて10年近くなるのですが - (´-`).。oO(今更、そんなこと言われてもね、、、)

合う、合わないはとりあえず横に置いて「なぜ当時のオペきちは瀕死寸前まで追い詰められたか」を考える。
たぶん、いくつかの悪い偶然と若気の至りと人の巡り合わせが悪かったことが重なって、悪い出来事が「泣きっ面に蜂」レベルになって瀕死寸前まで叩き潰されたから殺られたんだろうなと思う。

幸いにも、今はいくつかの偶然と巡り合わせにより、なんとか精神面と体調は、ゆったりペースながらも回復傾向にある。オペきちも学んでいるので、同じような状況になったときに前と同じような戦を仕掛け方をすることはないと思うのよ。前と同じような状況になる前に、逃げるくらいはできると思うわけです。

その事を踏まえて、今の会社が自分に合っているかどうかを考える。
人も仕事も楽しくって笑いが止まりません。ええ職場ですわー。私にぴったりです。というレベルまで合っているとは言いがたい。
妥協点として「ストレスフルな環境ではありますが、売られたケンカも弄りも流し、それなりに適当に合わせて、ぶっこわれないようにストレスマネージメントして働くことはできますか?」ってラインが考えられるけど、これも「すごく頑張ったらできると思うけど無理なくできるかと言われたら自信ありません」だと思う。
よって「相当頑張ったら、合わないなりに合わせられます」というのが現時点での答えだろうな

自信ない部分

自信ない部分は「売られたケンカも弄りも流し」という部分です。
今の健康に近づきつつある状態で、瀕死の時に言われたあの一言をもう一回言われたとして「仕事だからしかたないわ」と受け流せるかと言われたら答えは迷わず「できません」なわけですよ。

仕事だから、多少はふっかけられたり弄られるのは仕方ないとは思うけど、会社の人から出る言葉や弄りは「いや、それ人として言ったらアカンやつ」ばっかりでてくるその会話センスはいかがなものかと思うわけですよ。
それは置いておいて、下っぱなんだから我慢も仕事の内とか言って受け流すっていう謎ルールにはやっぱりオペきち従えないわけですよ。
ケンカ売らないのがベストで、弄らないのが当たり前なのは百も承知して、それは無理なんだろうと何となく思うから、売るな弄るなとは言わん。
じゃあ、せめて、そっちもそれなりに上手いこと言わんかい!と思うんですよ。そんな距離感も分からんのかい!と。

そのアカン一言は自分より強い立場の人に対しては絶対言わない辺りで人を選んで言ってると推測もされる。そんな感じの人が30代後半~40代のほとんどを占めてて、今後上にいくってことを考えた時にやっていけるのかってとこを考えないといけないな