丁稚奉公に出されます

暗黒時代を過ごした旧部署に、来週丁稚奉公に出されることになりました。期間は1週間です。
タイムスケジュールは月曜のみ1日レンタル、あと6日は午前中のみの奉公となります。

最近電話が鳴るらしい

はじまりは、たまたま取材が来たこと。
取材が来てから1日1000件ほど電話が鳴ったらしい。

一番凄く鳴ったときは、たまたま取材が入っていて奉公に出されずにすんだのですが、このことがあってから、「会社として万全を期して電話が取れる奴は全員電話に出させよう」という方針になりました。
始めに提示された丁稚期間は2週間。2週間って手伝いの域を越えてるわ!と切れそうになったけど、そこはぐっと堪えて「他の仕事もあるのて(^ω^#)」
と打診して丁稚期間を一週間短縮しました

電話の回線がパンクしている事を知らせる警告音が鳴りっぱなしなんてことは減って、駆り出されても電話の前で暇潰しすることも多くなった。だから丁稚に駆り出される理由が今一つわからない。

お手伝い要員に駆り出された理由

奉公の命が下った経緯を聞いてみると、いつも出してるチラシで告知をするが、告知を出すコースが殆ど満席になったらしい。よって火急的速やかに謝らなければならない。そのための補充要員とのことらしい。

上司「多分電話は1000件越えるから(´∇`)ひたすら謝って」

オペきち「あばばばば((((;゜Д゜)))」

1000件の根拠は疑わしい(個人的に)

電話回線パンクの警告音は最近鳴らない。同じタイプのチラシ告知で電話1000件予測とか自分ならしないわー。
経験者全員駆り出しとか本当にちゃんと今までの傾向掴んでんのか?せめて午前中にプラス1人+昼休みに2人投入だろう。取材効果に期待しすぎなんじゃね?と脳内で会社を全力で疑ってますが、今は根拠となるデータを見ることができない立場なので、その予測が本当に正しいのかは立証できません。ギリギリ(#`皿´)

そんなわけで来週から丁稚期間が始まります。ぶり返さないように、適度にやさぐれながらいこうと思います