( *゚□゚)。・゚(ぷしゅー(訳:幸せダナー))

本日、久々に本格的な晩ご飯を食べた(外食だけど)。
ここ最近、晩ご飯は「お腹はすいているが食欲はわかない」のでちゃんと食べていなかった。無理して食べても胃もたれするだけだが、何かつまみたい気分にはなったので、チーズや納豆1パックをおやつ程度に食べていた。

お昼ご飯がカップラーメンだけだったからかもしれない。時間にして6時半、胃袋が久々に「ちゃんとした晩ご飯食べたい」シグナルを出した。
大多数の人が晩ご飯を食べるであろう時間に!「食べなきゃ」ではなく「食べたい」という本能レベルの欲求を感じたことに、オペきちはとても感動していた。

働き始めたばかりの頃はマクドやモスや定食屋以外の場所で、ゆったりと食事が楽しめるオシャレなカフェや粋な店で外食するのが楽しくて仕方なかったなー。
自分の「食べたい」欲求のままお店を探して、行って、食べたいものを誰にも邪魔されず噛み締めて食べたひとり飯の時間は至福の時だった。

本日、おそらく大抵の人が晩ご飯にありつくであろう時間に、ちゃんとした「ごはん」的なものを心から食べたいと思い、食べたい欲求のまま、食べたい料理を噛み締めるように食べている。あの至福の時と同じように、目の前の料理の事しか考えず「ぷしゅー」って感じでご飯を食べている。
そのことが何だかとても嬉しくて、暖かくて、ひさびさに充実した気分になった。