未だかつてないほど、全て捨てて逃げ出したい気分

どうしよう。未だかつて無いほど「会社に行きたくない」「全て捨てて逃げ出したい」熱が高まっている。

逃げ出したい理由

理由は簡単で「己の経験値と能力不足で仕事が上手くいかない」から。
オペきちは年だけで言えば「若手から中堅」くらいのお年頃。
そんな同年齢平均レベルと比べて、人付き合いの平均値が恐ろしく低い。
他の人曰く、経験と訓練で覚える「人に気を使わせない」お金の使い方や会話がなってない。らしい。これが今の仕事をする上で非常にネックになっている。

遠回しに「お前は同世代と比べてコミュ症なんだから頑張れ」と言われてる。と、被害妄想で拡大解釈してしまい
そんな訓練は学生時代に部活やサークルで済ませておくもんだろうが!恥ずかしい奴め!と言われてるように感じてツラい。
向こうに悪気無いのはわかるし、コミュ力無いのは事実だし、正しい指摘だから頭では逃げちゃダメだとわかっているが、本心は全てを捨てて逃げたいと思ってる。

成長スピードが想定と比べて遅いみたい

オペきちの大半のキャリアは「そんな仕事は仕事じゃない。作業だ」と鼻で笑われるような仕事ばかりしていた。
だから、社内でのポジショニングは正直微妙だ。しかも、会う人会う人に「お前そろそろ本気出せよ。焦れよ」と言われるレベルだからヤバイと思う。

そんな仕事しかしてないの?言われる前に、仕事の質を上げるために出来ることはあったはずなのにしなかった。それが今の状況を招いている原因だろう。

それはそれで済んだこと。ないもんは今から積み上げていって、少しでも手に入れていくよう行動するしか道はないので
自分自身の気力が底をつかない範囲で、こつこつ経験を積んでいくしかないのである。
学生時代からフレッシュマン時代くらいにしとくのが望ましいコミュ力を伸ばす経験を、今になって積んで恥をかかなきゃいけない。と考えるとみじめな気分になるけどやるしかない。

ちまちまと動いて踏ん張って、昔の自分と比べたら少しずつ改善しつつはあるけれど、変わってる。本当にちびっとの変わり具合だけど。

ちびっと過ぎるゆえに、回りが求めるレベルには全然到達できてない。
だから「そろそろ焦ろう」「がんばれ」と言われる。言われる度になかなか変われない自分にイラついている。

苦手なことをレベルアップするにはそれなりの時間が必要になる

早いとこ経験積んで、一般レベルに追い付きたいと思うけど気持ちとは裏腹にほとんど身に付かない。
この身につかなさっぷりから察するに、オペきちは自分が思っている以上に人付き合いが苦手なんだなと思う。
が、会社に限らずこれから生きる上で必要不可欠な能力なので、この年で早々に一通り身に付けておかないと今以上に人生辛くなる。と思うから気力振り絞って耐えてる。
正直きつい。本当にきつい。頑張れば頑張るほど成果がでない現実が襲いかかってきてツラい。
苦手なことを身に付けるって、結構大変で時間がかかる。
折れないように、焦らないようにと言い聞かせてはいるけどやっぱり焦る。
その焦りが、逃げたいという気持ちに拍車をかけている。