仕事の適性から色々と頭をぐるぐるさせてみる

どうも。オペきちです。この仕事向いてないなって言われませんか?オペきちはしょっちゅうあります。自分でも結構な頻度で思います。
で「あのときは冷静じゃなかったから」と思い直して、もう一度考え直してみたら
そもそも人間不信こじらせて、人嫌いで人との接点を可能であれば極力持ちたくない。と考えちゃってる辺りで仕事向いてる向いてない以前の問題じゃないか!という結論に至ります。
働いててすみません生きててごめんなさいレベルの本心を擬態して生きてる今日この頃です。

向き不向きの判定

やる仕事、やる仕事「向いてない」「センスない」と言われるから、あー、やっぱ向いてないんだなぁと凹みながら仕事をしていたら結構な年数経ってた。というのがオペきちの現状です。
向いてないと言われても、辞めたり決定的なミスを起こさない限り仕事は変わらないという状況に身を置いているもんで、自分で思いきるか人様に多大なる迷惑をかけない限りは仕事変われないのよね。

それに、向いてないと言ったあくる日には「案外やっていけるじゃん」とか言われちゃったりするから、仕事の向き不向きを考える上で回りの言葉はあまりアテにならないのではと個人的には思っている。

会社の仕事で向き不向きを判定する上でアテになるのは、回りの人に「向いてない」「センスない」と言われ続けても折れずに机に座って仕事して、平気な顔して向いてないという先輩と会話が出来る(そして仕事を盗む)メンタルを保てるかどうかと、現実的に今いる部署から異動になってないかどうかが目安のひとつになるのではないかと個人的には思っている。

後からつけられるものを時間をかけてでも手に入れたいと思うかどうか

センスや適性なんてさー、芸術的な部分やトップレベルの争いじゃない限りある程度は頑張りやお金や時間の投資の仕方次第で後から身につけられる部分は結構あるような気はする。
今までの環境や触れてきたもの、生き方によって「そんなに時間かけなくても身に付けられるもの」「すごく時間がかかった割に大して身に付けられない」ものの違いはあると思う。
どんなけ時間がかかっても良いからこの道を行きたい!という信念を持ってやりたいことに没頭するか、ある程度のところで見切りをつけて別の事をするのかどうかは、その人の事情や価値観次第だろうなぁ、、(  ̄- ̄)

がむしゃらにいかないメンタルの強さ

上手いこと言えないけど、人様からの評価より、その人が置かれた状況や生き方によって、適性のあるなしは判断されるのではなかろうかな。と思う。
人様の目を通してみる評価も検討しなきゃいけないけれど、最後にものを言うのはやっぱり本人のメンタルの強さのような気はする。

メンタルの強さって言ってもがむしゃらに思い込むようなメンタルじゃないよ。
先に行きたい衝動を押さえて、むやみに走らず冷静に己を客観的に評価して確実に先へ駒を進める「走らない勇気」を持ってるメンタルの強さ。
がむしゃらにやると「自分こんなにやってる」って酔えるから安心しちゃうんだよ。その酔えちゃう誘惑に勝てる強いメンタルがあれば、仕事の適性なんて、ある程度はなんとでもなるんじゃないかなと最近思う。