仕事つまんねぇぇぇ!!!ヾ(`Д´)ノ

朝からいきなり絶叫です。最近仕事がつまらんのです。

理由はなんとなーく解ってる

つまらん理由は、自分が本当にやりたいな、やったほうがいいな。と思うようなものを提案したり、作ったりできてないから。
提案したり作ったりする前に、上司や先輩が求めてる枠はこんなもんだから、この枠内に収まるようにしよう。と勝手に予測して枠内に収まるように作ってる。

先輩や上司が思う「こんなもん」な枠組みが選択肢的にベストなのかなぁ?とふと疑問に思うこともあるわけで。ただ、疑問を確信に変える説得材料が見つからないのでなんとなく言うことを聞いてます。
まぁ、説得材料を見つけて、理屈的には正しくても主張として通るかどうかは別の話ですからね。

枠を広げてみようと努力することも最初はあったけど、大抵の場合、最終的には会社の都合や個人の好みの都合で無理。という話に落ち着くので最新は言うの止めてる。
組織に属してるとそういう縦社会的な要素で出来ないことは必然的にありますよね。理屈としては解ります。
そういう組織の都合が理由になって、やろうと思ったことが出来ないときは「仕方ないね」と言えるのですが
「お前はこの仕事やり始めてまだまだだから、センスないんだよ。まだわからないんだよ」と言われて却下される率が高いので「センスがないって言われたらなにも言えないな」と黙るしかないわけです

センスのある・なしの基準は日によって変わる

何をもって「センスのある・なし」を判断してるのかわからない限りは、こっちとしても腑に落ちないので、センスのある誌面とやらを一応聞き込みするんですよ。
で、その通りに作ってみたら「あー、あの人が作った誌面ね」というものが出来上がる。
誌面に個性は要らないし見やすければよいし、求められてるものはコレなので、お習字教室で手本見ながら書くように、お手本通りに作ってる。ってのが多分気に入らないんだろう。それは仕事だから仕方ない。

と、言い聞かせながらそんな誌面を出すと怒られる時も多々ある。指示を出した本人はフツーに言ったことを忘れて「ちゃんと作らないから」と言ってくるしねー。
で「諸先輩方!言った通りに作りましたけど」と言ってみたら、本人達が言ったことを忘れてる。もしくは「言ってること鵜呑みにするからー」と言われる悲しい事態に遭遇します。社会人あるあるですね。レコーダー持って歩きたいですね。そんなこともあって、さらに仕事が面白くなくなるという悪循環です。

最近は、センスのあるなしなんて突き詰めれば個人の好みの話だから「日によって変わるセンスのあるなし」で否定されたときはクジに外れたようなもんだと解釈して、深く考えないようにしてる。
で、本当にセンスのある人たちなら、誌面が崩れたら解るはずなので、ばれない範囲でちまちま地味に変えられる範囲で誌面の作り方を変えることにした。
変えたのがいつバレるのか。その時、諸先輩方は何て言うのか。

と っ て も と っ て も 楽 し み で す (笑)