新しい手法@罵倒編

昨日、久々に「お前の文章くどい」と上司から原稿フルボッコにされました。
最近、新手の技を覚えた模様で

「君が書いたんならこんなもんよね(プッ)」

と鼻で笑うようになりました。このヤロウ、、、(^ω^#)
正攻法の罵倒よりお腹にストレスくるじゃねぇか、、(^ω^#)

その他、「あー(何か言いたげな素振り)、うん、やっぱいいわ」と何かを言いかけて止めたり
「うん、君が全部できるとは思ってないからそんなにミスしても謝らなくいいよ(・∀・)ニヤニヤ」と、冷たい視線を浴びせながら生暖かく見守られてみたり
何か言いたげな感じだから用事がないか聞いたら「うん。君は気にしなくていいよ」と隠されるもんだから
それとなく察して優しさを発揮したら
「うん、気持ちはわかるけどそうじゃないから、よく考えてもう一回チャレンジしようか」となぜかアドバイスされたり、、。

いや、いい上司なんだよ(きっと)
でも、すんごいたまにビキビキきて、上司の弱点が何かないか探してる自分がいたりするのよ。

本当に、罵倒してもいいから奥歯にものが挟まった感じの物言いは少し減らして欲しい(じゃないと胃が持たないかもな、)

それ以前に仕事をスキルアップすればいいって話だけどね。

、、うん、オシゴトガンバロウ。