精神科にいかなくなった理由

私が精神科にいかなくなった理由。

病院に行ったら「上手くいかないのは偏りのある頭のせいだ」といわれるか、笑顔で対応の経験値をここで積んで頑張りましょう。先生とカウンセラーはそう繰り返すばかり。

取っ掛かりになるようなヒントはでない。不都合は偏った頭のせい。病気のせい。だから適当に諦めて生きろ。
診察室で上から降り注ぐ「上から目線のアドバイス」が「ただ諦めて生きろ」ってのがものすごいショックで、病院にいくのを止めてしまった。

諦めたくないから病院来たんだよ。自分が私と同じ立場だったら、あんたらは同じように諦められるの?
疲労困憊で、でも何とかしたくて「恥を忍んで人の力を借りてでも、この局面を乗りきりたい」と思ってもがいてる人に「休め」でなく「冷静になれ」でなく「諦めろよ病気なんだから」っていう一択しか言えない医者からは逃げて良いと思って精神科行くの止めました