近況報告

ごぶさたです。ちょっと頭すっきりしてきたのでPerfumeのpick me upを聞きながら書くよ。

Pick Me Up

Pick Me Up

  • Perfume
  • エレクトロニック
  • ¥250

カウンセリング

こちらは小康状態。
個人的な感覚ですが、カウンセリングで壁をぶち破るタイミングがあるとおもう。

①具体的に辛かった状況を伝えて、自分で自分の身に何が起こったのかを話ながら整理する

②状況分析後「じゃあ、そのとき自分はどう思っていたのか」己の心の動きと感情の動きを頭で理解する

③喜怒哀楽、恨み辛みや妬みそねみをまるごと心から受け入れる

④ ①から③を再検証し、パターン化して己の特徴をつかむ。

今は、①が完了して②に進みつつある状態です。その時「受けきれない・耐えきれない」と判断して、
無意識でも、意識的にもいっぺん封をしたものを再び開封する作業に今から入ります。
ある意味、②から本番かもしれないですねカウンセリングって。
今の自分なら、封をしたものを受け止めて血肉にする度量はある!と何となく思うが若干不安なので、今、本読み漁ってます。

読書記録

自分で自分の傷口に塩を塗るような本と、なんとか奮い立たせるたに読んだ本が混在する、カオスなラインナップになってます。

共依存 苦しいけれど、離れられない (朝日文庫)

共依存 苦しいけれど、離れられない (朝日文庫)

傷口に塩を塗る本。知識としては蓄えていました。
うつ状態をいったりきたりしている自分の「触れたくない」部分であり「突かれたくない」心の急所のどまんなかをズバッとつくがゆえ、本格的に勉強するのを避けてました。
ここを乗り越えない限りは先無いわ。と悟ったオペきちが手に取った決死の一冊。

上の本を読んで手に取った懐かしい一冊。
前世、EPSなど、ちょっぴり時代を感じる中2キーワードが満載の名作漫画の次世代編です。
木蓮とありす、輪と紫音のばらばら具合が今の自分のバラバラ具合と重なって親近感が湧く。
とか思っちゃってる自分の心の中2っぷりに泣く。感受性がまんま中2のアラサーがここにいます。
だから今苦労してんのかな。中2から成長してないのかな。って考えると目の前が滲んで見えなくなってきた( ノД`)…

かくかくしかじか 1

かくかくしかじか 1

師弟関係の事を思い出すきっかけとして読んだ作品。

親以外の大人の方との関係が比較的上手くいってた私にとっての重要キーワードは「師匠」なのでは?と何となく思ったので。
師匠の記憶、今よりシンプルに生きてた当時の自分を掘り起こすことで、なにかかわるのでは?という願いも込めて、何回も読み返してます。