かうんせりんぐー

偏った性格ゆえ、、 - (´-`).。oO(今更、そんなこと言われてもね、、、)

上のようなふわっとした事情から、発達障害の相談云々より、自分が不便感じたことやよくわからなくてスッキリせず引きずってることと向き合うためにカウンセリングすることにしたオペきちです。

とりあえず、スッキリしない記憶として引きずってるのは、8年いた電話オペレーター時代。
回りの人からしたら「負のオーラ漂う」病んだ時代らしく、オペきちの記憶も断片的な記憶しか残ってない。
嫌だった、辛かった記憶は残るが、なぜ嫌だったか、辛かったのかという理由の部分が思い出せないので気持ち悪いのです。

それを思い出したら気持ちが楽になるような気がするので、ちょっと記憶を掘り返したいと思います。