駆り出されて気づいたこと

最近、前の部署の手伝いに駆り出されてつくづく思うこと。

見た瞬間、直感的に感じる「好き」「嫌い」「苦手」「危機感」「違和感」に蓋をして、なかったことにしてはいけないな。と思う。
表に出すか出さないかは別にして、自分が今持っている感覚を「間違ってる」って決めつけるのは本当に自分のためにも健康のためにもよくない。

会社で馴染む努力をすれば、それなりに会社の色に染まって今感じている違和感や苦しさはなくなる。
我慢はそれまでの辛抱。と思って馴染む努力をした結果がカウンセリング通いてす。
我慢して居続けた結果、会社のルールを知識として学ぶことは出来ました。
が、ルールを理解することと、納得して従うことは全くもって別問題。
馴染めるかどうかはその人が持っている気質レベルでの問題なので、努力が報われる部分ではない。ということに早く気づけばよかった。と今は思ってます。