LDH系グループを見て感じる複雑な思い

EXILEやジェイソウルブラザーズ、E-girlsの「信頼できる仲間!HIROさんリスペクト!進化し続ける私たち!」というジャンプのスポーツ漫画的な雰囲気がすごく羨ましいオペきちです。

いや、裏では色々た変だと思うよ。きっと。
そんな色々あるもんを抱えながらも、仲間と切磋琢磨して尊敬できる人がいて進化し続ける、前に進み続ける!って、人生の表街道を爆走しているように見える彼らがオペきちには眩しすぎるのです。
もう人生目がチカチカするほど半端なくライティングされてて、影の部分が飛んじゃってるんだろうな。と勝手に思ってます。

オペきちには、影を吹き飛ばせるほど自らの人生をライティングする自信も気力も出すことができず、手に持ったろうそくの前に座って「暗闇もいいもんだよ」と強がりを言いながらノコノコ匍匐前進するしかできないオペきちにとって、人生の影を感じさせず、表街道を爆走する彼らが羨ましくて仕方ない。

じゃあ、眩しいところにいきたいのかと言うとそういうわけではない

陰翳礼讃 - Wikipedia

どっちかというと、オペきち的にはこっちの考え方の方がしっくり来る。正直、眩しさよりも、暗闇の中でじっとしている方がきっと性にあってる。
その事を主張して「悪いかー」と開き直る勇気もなく、かといって心の底から本心を偽って取り繕うこともできないので、ものすごいやきもきしている。