イベントスタッフ表回りデビュー した

イベントスタッフ表回りデビュー - (´-`).。oO(今更、そんなこと言われてもね、、、)

上の続き。表回りデビューしました。
個人的には、前よりかは状況に対応する速度は上がったけど、同年代の平均よりかは、やっぱり臨機応変には対応できません、、、( ;∀;)

暗黙のルールがあって、それを踏まえた上で動いてね的な空気があるのは解るが
その暗黙のルールを「恐らくこれで間違いない」と把握するまでに、オペきちはものすごく考えてしまうのです。

「常識なんだからそこまで考えなくてもわかるだろう」と怒られるのですが
それぞれが思う常識の内容に違いがあり、内容に若干の食い違いが発生して話がややこしくなってる。とか
時と状況により判断基準が変わるなあなあ具合に「キー!!(`Δ´)」っとなりました。

それは常識じゃなくてマイルールってやつでは?と突っ込みたくなるような不思議な指示が出たり
人が少ないから限られた人手で回さなきゃいけないって状況の時に仕事内容の共有をして、
誰が欠けてもいい状態を作ったほうが効率がいいのに、仕事の共有はしない。見て空気読め。的な方法でスタッフ回してたりとかして本当に困った。オペきちが苦手なタイプのチームで泣きそうになったわ

で、慣れないなりにルールを察して頑張ってもやっぱりミスはする。
言ってる本人に悪気はないんだろうけど連絡事項で「オペきちさんミスしましたー」っていちいち言われると、やっぱり( ;∀;)←こんな風になります。

見て察して導きだした結論が間違ってたら嫌だから細かく聞いてるのに、聞いた段階では「状況に応じて」って言うし。
そう言えるのは、「自分が導きだす結論は皆と同じか、そう食い違いはない」って前提があるからそう言えるんだろうな。
オペきちは「人の数だけその人なりの『常識』がある。食い違いはあって当然」と考えるから、チームで動くときはうっとうしい位、共通見解と判断基準のすり合わせをするし、互いの判断が誤差の範囲内ですむよう、きっちりしつこく話をする。

やっぱり、なんとなく観察して暗黙のルールをばしっと把握できるだけの空気読み力がないと、社会では生きていけないのかな、、。
なんて思ったイベント仕事でした。