新発見!|д゚)!!

こんばんは。オペきちです。ちょっとしたことでキレやすいナイフみたいなメンタルになってます。いい大人なのに、なんだこの荒れっぷり。初体験だわ。
まさに思春期、まさに積み木崩し。って言われても否定できない。大人思春期です!って開き直るのも恥ずかしい。

そんなオペきちさん、急きょ、おつかいで電車の乗車券の発券をすることになりました。
発券するのは別にいい。でも「お前ついでかあるからこれくらい出来るんだろ?どうせ暇なんだろ?」的な頼まれ方をされたのがなぜだが気に入らない。
そんな小さいことに突っかかってる自分はもっと気に入らない。
そんな悶々とした気持ちをいつものように押さえ込もうとしたときに、ふとオペきちは気づきました。

「そーいや、私、家族にちゃんと『お願いします』って言われた経験、数えるほどしかないな」

「あんたが黙ってやれば丸く収まる。ってかんじの空気に持っていかれて、場の空気を乱したくないから本当はやりたくないのに断らず笑顔で雑用してた」

「家族といえど、ちゃんとお願いされないのが、私は物凄く嫌だったんだな」

と、気づいて納得した瞬間に、ちょっと心が軽くなった。
嫌だったことを認識するだけで、人はここまで心持ちが変わるのか。と、発券の機械をいじってる時に気づいた。

また間の悪いことに、言われた通りの手順で発券できず、イライラしながら確認の電話をかけてる最中だったので、歯止めがかけられず電話相手の家族にキツく当たってしまったのは本当に申し訳ない。心は軽くなったけど、罪悪感で押し潰されそう。