造幣局の子供向けHPに掲載されてる、ぬり絵の難易度がハイレベルすぎる気がする

造幣局の子供用HP「ぞうへいきょく探検隊」をチェックした。
漢字にフリガナがふってあるようなHPにありがちな、子供をターゲットにしたと思われるコンテンツ「やってみよう」内にある「ぬり絵」にチャレンジすることにした。

ぞうへいきょく探検隊 やってみよう!: 独立行政法人造幣局

やるのは印刷用じゃなく、パソコン版のぬり絵だ(`・ω・´)っ

子供用塗り絵だったら、色を塗るのは5円玉かな?最高難易度で10円玉の平等院鳳凰堂かな?o(*゚∀゚*)o
と、思ってあんまり画面をよく見ないでコーナーをクリックしたら

ぞうへいきょくやってみよう!|ぬりえ[印刷版]: 独立行政法人造幣局

ぬる題材が、まさかの地方自治法施行60周年記念硬貨でした

↓塗り絵の見本
f:id:opekichi:20150128215419j:plain

↓が塗り絵のページ(PDF版)

http://www.mint.go.jp/kids/images_nurie/6_ibaraki.pdf


線の細かさと見本として提示された図案の複雑な色合いから、どう見ても大人の塗り絵レベルな気がするけど、オペきちの気のせいかなっ(;´д`)

子供の時からこういう細かい塗り絵にチャレンジする精神がないと、クールジャパンを背負って立つ人材は生まれない。という厳しさが少しだけかいま見えます。

仕事終わりに片手間で出来るレベルじゃないので、今度の休みの時にじっくり取り組みたいと思います。