「精神科=自分なりに折り合いをつけるところ」

いろんな気持ちが混じりあって、頭ぐるんぐるんで困ってます。
風邪みたいに、発熱して楽になるなんて展開は準備されてないのが心療内科の世界らしいのです。

ぐるぐるを解除できるのは自分のみ、不調に対して超アグレッシブに立ち向かわないと答えなんて見つからない。
アグレッシブに立ち向かうには、頭が十分に回る余白がいる。
そういう状態に持っていくために、薬やら診察をしてもらってるかんじ。

骨を折ったり、風邪を引いた時は安静にしてれば治るけど、心の問題は、ある程度自分で自分の中に潜って、答えや納得できる落としどころを見つけるまでは解決しない。
己の中にある気力との勝負になる。そして今、私はその勝負に負けそうになってる。

そんなことを事情を知っている人に話すと
「自分に都合の良い答えを言ってくれる先生なんてほとんどいない。そういう先生を探してほっとする人もいる。
それがいいかどうかは別にして、自分なりに納得できる落としどころを見つけるために病院行ってるんじゃないかな?答えを教えてもらうためにいく所じゃないと思うよ」

「自分にとって、都合のいい答えを教えて貰うために行くって姿勢でいたら、背中を押してくれる人がいないと動けない人になるよ」

というアドバイスをもらって、ぐさっときました。
弱音吐いてごめんなさい。( ノД`)…

刺さったけど、この言葉のお陰でもう少し踏ん張る気力ができた。
でも無理してぶっ倒れないように、適当に自分甘やかしながらやるね。