何型でしたか?

会社での仕事の合間の世間話タイムにて。

「そういえば何型だったの?」と聞かれた。
血液型を聞かれたと思い「この人に血液型教えた記憶あるけど、また確認したいのかな?」とモヤモヤしつつも、自分の血液型を答えた後、なんか腑に落ちてない回りの反応を見て、オペきち気づきました。

自分は集中してたから、あんまり聞こえてなかったけれど、記憶の中の雑音を巻き戻して再生したら、周りは風邪の話で盛り上がってたような気が、、って

Σ(´□`;)

ま、、まさかっ、、

何型=かかったインフルエンザの型がAかBかって聞かれたのかーーー
答えてから質問の真意に気づいたわーーー

「すんません、血液型間違えて答えちゃいました。ひいたインフルエンザの型はたぶんAです。(;・ω・)」

と、答え直したら爆笑されました。
苦手な事務作業してたら回りの話し声なんて耳に入らないよ、、(´・ω・`)
「仕事してても回りの話にもさり気無く気を配れ」とは言われますが

それすると間違う確率があがっちゃうんだよねーーヽ(´ー`)ノ

耳の音の情報を処理する回路と、手を動かす回路が混線すんのよ。。。
混線して、脳みそアップアップになるのよ、、(σ・ω・)σ

電話応対しながら機械の端末に情報を打ち込む仕事を7年してから、仕事のパターンをある程度把握してる場合にかぎり、多少は混線しにくくはなったけどねー。