問題点を整理しよう。病院編

元気が出てきたので、現状を整理してみよう。病院編。

現在、カウンセリングは2回通っている。
診察は秋頃からだから、結構沢山通っている。
カウンセリグは、頭の中に浮いては消える雑念や考え方を整理するのに役立ってることと、
一人で思い詰めるよりかは短い時間で答えに辿り着けるようになったのが最大のメリットかなー。
立地、お値段的な面でもメリットはある。

心身の健康面的にはギリギリだが、比較的適応できてる状況だからかもですが、
発達障害への対処として
「性格特性として少数派だから、少数派なりに覚悟を決めて、割りきったり諦めたりして生きなきゃいけない」という話しか現状出てない気がする点が個人的に感じるデメリット。

ひっかかる点として

  • 大人の発達障害への対処はひたすらカウンセリングすることしかないのか
  • どんな傾向の発達障害か?という具体的な説明はされていない(自分から聞けば答えてくれる)

→答えを見つけるのは自分というスタンスか?言ったことを鵜呑みにされて思い込まれるのが怖いから本人への説明を避けるのか?

という2つが引っ掛かっている。
まだ二回目なので暫くは様子見しつつ、別の良さそうなところを見つけたので、
セカンドオピニオン的なこともしてみようかなと現在考えている。