そんな簡単に覚悟が決まる訳ないだろう

カウンセリングや診察で、諦めろ、割り切れ、少数派で生きる覚悟を決めろ。と言われる。
脳の仕組みが少数派だから、分かってもらえる可能性は低いという現実がある。という理由から、そんな事を言うらしい。

割り切って、ちょっと弄られるのを我慢すればいい。割り切ったら、楽になるのも間違いない。
情報整理するアプリや整理整頓グッズを総動員して補うのにも限界はあるし
暗黙の了解や見えない空気なんぞ、読むのには限界がある現状を考えると、
割り切れ諦めろ。の言葉の意味は重々解る。


分かった上で言う。
脳の仕組みが少数派だからって理由だけで
物事を割り切るのも、諦めるのも自分には無理です。到底できません(キリッ)


少数派に生まれたからってだけで、そこまで我慢する筋合いない!
こっちは割り切り続け、諦め続けたから疲れて病院来てるんですよ!( ´Д`)y━・~~
だからこれ以上は無理ゲーだ!と言うのが現在私がたどり着いた結論です。

てか、言ったカウンセラーや先生に問いたい。
「生活に支障はないけど障害あってね、治らないから苦労するけど少数派で生きる覚悟決めて」
って普通に話振られて、「解りました」って受け入れられるもんですか?無理でしょ普通。
そこは何かもっと別の言い方あったんじゃない?

とにかく!割り切って、好き勝手言われても、理不尽な扱いされても怒らず、笑ってやり過ごし
今、色々と心身不安定になりやすくなってる経験から少数派でも、必要以上に弄られたりした時は割り切らないで怒るべきだと思う。
これ以上、自分をすり減らしてまで割り切って生きる道なんて選べない。
数に押されて涙を呑んだ少数派の話を聞いているであろうカウンセラーだから
少数派でも勝ち残れる、奇襲とか調略とか交渉とか、官兵衛の知恵的な、思い付くヒント下さいよ。
プロなら何かあるでしょ。ひらめきが。と、最近つくづく思う。
こんな風にキレられるようになったのも心が元気になった証だろう。