どうしようもなかったみたい

誰でも「どうしても相性が合わなくて、自分とは合いません」という人はいるだろう。私だってそうだ。
それに加えて、人様から蛇蝎のごとく嫌われる確率がかなり高いらしいということを病院に通いだして知った。

今まで、対人関係で表立ってトラブルがなかったのは
私自身が、かなり人に合わせて生きてきたということと、喧嘩を買わずひたすら無視する性格だかららしい。

とはいっても、会社では今までのようにはいかない。
特に上司と相性が悪い場合は最悪だ。
私の場合も「こりやー、どうひっくり返っても合いません」という上司がいる。
気を使えば使うほど裏目に出てロクなことにならないという関係だ。
なので、その人との接触が最小限ですむように心がけている。

診断を受けてから「発達障害原因だったらコツ掴んだらなんとかなるんじゃね?」と思い、病院で相談。

おぺきち「こういう上司なんで何とかうまくやりたいんですけどいい方法ないですかねー(´-ω-`)」

先生「そういう感じの人は発達障害の人ととことん相性悪いから、逃げられる限界まで逃げる。近づいてきたら最小限の会話のやり取りにするしかない(`・ω・´)」

と、言われてしまった。無難にやることすら難しいくらい、相性の悪い人間もいるんだー。と、その時初めて知りました