言う言わない問題。その2

前回から引き続き、発達障害、周りに言う言わない問題。今回は悪かったことを言う。

まずは、自分の思い込みかもしれないけれど、やっぱり少し扱いが変わった。
「そこまで噛み砕いて言わんでもわかるわ!バカにすんなよ(# ゜Д゜)」と
食って掛かりたくなるようなことを確認されたりして、悲しくなったり。
(それは日頃の行いのせいもあるかもですが)
都合のいいときは面白い人、都合が悪いときは関わりたくない人ったかんじかなー。私のポジションは。と何となく思ったり。
「そんなやり方するんだ?」と未確認生物見つけた!ってノリで聞かれたり、都合の良いときはネタにしていじられたり。など。

とりあえず、いち早く馴染むための応急処置として、
納得できる、出来ないは別にして、トラブったときの状況やパニックになったときの状態、すれちがいが起きた状況と解決策を自分なりにマニュアル化し、それを丸暗記する。
という応急処置で、なんとか適応しようとしているワタシ。

自分の感覚を全否定して、馴染むこと重視でひたすら丸暗記。
この作業が一番辛いかもしれない。