窓際の変なおっさん扱い

現状、不便はあるが生活はできているので、多分、発達障害の中でも私は軽い方なのだろう。

本読んでたら、理解者を見つけましょう。と必ず書いてた。
近所の土手にタンポポ摘みに行くような軽いタッチで書いてましたけど
そんな簡単に見つからないからね。なにより自分で自分を認めてない時点で理解者なんか見つからないからね、、。
見つけた方がいいってのは百も承知ですけど。
そんなぐでぐでしている自分を奮い立たせ、
持てる知識のすべてを動員して、現状や困っていることをプレゼンしますと、好意的な人は「ざっくり言うと、会社で窓際にいる変なおっさんみたいな感じか」と納得される。

私レベルで変わってて、窓際に追いやられて、回りにもかなり陰口を叩かれているが、状況を自覚せず好き勝手に振る舞っているおじさん、腐るほどいるよ?
自分で気づくだけマシだから頑張れ。ってかんじで大抵、話はまとまる。

励まされるだけマシかもしれない。
でも、陰口を叩かれても平気な窓際の変なおじさんと同類扱いはつらい。そして刺さる。

仕方がないって言えば仕方ないけど、頭の隅っこで「みんなに変と言われても平気なおじさんの同類扱いしたら傷つくな」と思ってほしいなー。
私が気にしすぎなだけかな。